モータースポーツ

 

クラッチ・ブレーキの総合メーカー”小倉クラッチ”がその技術のすべてを投入して開発されたレーシングクラッチ

 

「ARUGOS(アルゴス)」

 

@
メタルディスクの採用により熱ダレを解消
 スーパー耐久シリーズ等、多くのレースシーンにおいて実績のあるメタルクラッチディスクの採用によりサーキットでの連続走行など、高温によるクラッチディスクの熱ダレを解消します。過酷なサーキットでの連続走行においても変わらないフィーリングで、シャープな切れとつながりを実現します。
A
ツインプレート化により高トルクに対応   対応エンジントルク:630Nm(65kbf-m)
   ツインプレート化により対応エンジントルクを高めたことで、幅広いチューニングに対応。  
B
小径化・軽量化によるエンジンレスポンスの向上
   純正クラッチに対して約65%まで重量を落とした軽量クラッチとする事で、エンジンレスポンスが向上。また、純正クラッチに対してクラッチディスクを小径化し重量物を回転中心に集めた設計にすることでクラッチ全体の慣性モーメントを小さくしました。リニアあエンジンレスポンスにより車全体が軽くなったかのような軽快なドライブフィールが実現します。
C
スマートエンゲージ機構(SE機構)による駆動系の保護
 
 プレッシャープレートにスマートエンゲージ機構を採用することでクラッチを繋ぐ瞬間の衝撃トルクを緩和。トランスミッションやデファレンシャルギア、ドライブシャフトに掛かる衝撃を減らし駆動系を保護。

 

 


AUDI S1 / GOLF7GTI,R

 

¥215.000+税 対応トルク630Nm

 

 

クラッチ比較 ()内数値は純正比率
フライホイール重量
クラッチ重量
ペダル踏力
ARUGOSクラッチ
5kg(41.3%)
12kg(64.8%)
15kg(130%)
純正クラッチ
12.1kg
18.5kg
11.5kg